香典について

香典のふくさの作法について

袱紗の基礎知識について

不祝儀袋を直接カバンに入れて持ち歩くと、角が折れ曲がったりしてしまいます。きれいに先方に渡すためにもふくさに包んで持参するのがマナーです。

ふくさとは金包袋を包む小さめのふろしきのことで、ふくさの色を変えることで、慶弔の使い分けをします。また、ふくさの包み方も慶弔では違ってきます。

種類について

ふくさ(小ふろしき):昔ながらの金封を包むための正方形の布。

金封ふくさ:袋を挟み込めるようにした札入れ状のふくさ。使用後二つに折りたたんでしまえます。

台付ふくさ:袋をのせる台がついたふくさです。台の表裏の色を変えることで慶弔両方に使えるものもあります。

色の選び方について

祝儀用:明るい色のもの。赤色、朱色、えんじ色、赤染め模様、刺繍入りのものなど。

不祝儀用:暗めの色のもの。黒色、グレー、藍(青)色など。

両方に使える色:紫色

ふくさの色

 

包み方について

1.ふくさについているツメを左側に、不祝儀袋を真ん中より少し右に置く。

2.不祝儀袋の右側を折る。

3.下側を追ってから上側を折る。

4.左側を折り、ツメをとめる。

ふくさの包み方

 

☆ないときの対処法

急にふくさが必要になったときは、小さなふろしきや絹のスカーフなどで代用できます。

受付での渡し方のマナーについて

1.一礼した後、受付台の上で、ふくさを広げる

2.袋を取り出しふくさをたたみ、その上に袋を置く。

3.「ご霊前にお供え下さい」など一言述べて相手に向けて渡す。

「知識ゼロからの喜ばれる贈り物のマナー」より

冠婚葬祭だるまの紹介

こちらの「就任祝い達磨」は、「高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。

社長交代の贈り物