告別式について

告別式の焼香について

順番やマナーについて

僧侶の読経で告別式が始まると、遺族から順に焼香を行ないます。

香には「抹香」「線香」の2つがあり、抹香は葬式・告別式や通夜に、線香は通夜のほか法要などに使います。

焼香方法には立礼と座礼があり、抹香を座礼で焼香する場合、回し線香の形式をとることもあります。

線香焼香の作法:座礼の場合について

1.遺影に拝礼したら、祭壇の前に進み出て正座し、合掌する

2.右手で線香を取り、ろうそくで火をつける。左手に線香を持ち替え、右手であおいで炎を消す

3.右手に持ち替え、香炉の奥に立てる

4.遺影に再び合掌し、一歩下がって一礼し祭壇の前を退去する

Point:亡くなった人のために一心不乱に祈るという態度をあらわすため、線香は1本でいいといわれています

線香焼香の作法:座礼の場合

 

抹香焼香の作法:立礼の場合について

1.遺族・僧侶に一礼し、祭壇の一歩手前まで進み出る

2.遺影を向いて拝礼し、祭壇に進み出て合掌する

3.右手の親指と人差し指と中指で抹香をつまみ、目の高さに押しいただき、香炉の中に静かに落とす、という動作を1~3回繰り返す。

4.遺影に再度合掌し、1歩下がって一礼して遺族・僧侶にやや深めの礼をし下がる

Point:抹香を落とす回数は宗派によっては決まりもあるが、1~3回が目安。喪主のまねをするとよい

線香焼香の作法:立礼の場合

 

回し焼香の作法:座礼の場合について

1.香炉が回ってきたら、会釈しながら両手で受け取り、ひざの前に置く

2.祭壇の方向に合掌する

3.右手の親指と人差し指と中指で抹香をつまみ、目の高さに押しいただき、香炉の中に静かに落とす、という動作を1~3回繰り返す。

4.祭壇を向いて再度合掌する

5.香炉を両手で持ち、次の人に渡す

Point:抹香を落とす回数は宗派によっては決まりもあるが、1~3回が目安。喪主のまねをするとよい

回し焼香の作法:座礼の場合

 

「冠婚葬祭 マナーの便利帖」より

達磨の紹介について

社長交代の贈り物