香典について

香典の金額の書き方について

香典袋のマナーについて

 「毛筆」や「筆ペン」で、「薄墨」で書きます。

万年筆やボールペン、フェルトペンなどは避けましょう

中袋の書き方について

表側:中央に金額を書きます。ただし、市販のもので金額の記入欄がある場合はそこに書きます。算用数字ではなく、漢字を用いましょう。

裏側:住所と氏名を書きます。こちらも記入欄があればそこに書きます。

中袋の書き方

 

☆金額の書き方

金額は漢数字で書きます。表記は正式でも略式でも構いません。

金額の下に「也」は書きません

正式・・・略式

金 伍阡圓・・・金 五千円

金 壱萬圓・・・金 一万円

金 弐萬圓・・・金 二万円

金 参萬圓・・・金 三万円

金 伍萬圓・・・金 五万円

金 拾萬圓・・・金 十万円

お金の入れ方について

香典袋に入れる現金は、封筒に入れるか中袋に包みます。市販の香典袋で中袋がついていないときは、半紙か奉書紙で包むと丁寧です。

また、香典袋にお札を入れるときは、お札の表(顔が印刷されている側)が裏を向くように中袋にいれます。

中袋を上包みから外すときは、水引をかけたまま上包みの下から引き抜きます。水引は一度外すとかけ直すのが難しいので、お金を入れて金額や氏名を記入したらそのまま下側から入れて戻すと袋がよれたりしません。

金額の相場について

香典を贈る場合の金額の目安です。故人との関係や立場により、若干金額が変わってきますのでご注意ください。

故人との関係・・・金額の相場

祖父母・・・1万~3万円

両親・・・5万~10万円

兄弟姉妹・・・3万~5万円

おじ・おば・・・1万~3万円

そのほかの親戚・・・1万~2万円

知人・友人・・・3千~5千円

隣近所の人・・・2千円~

勤務先の関係者・・・5千~1万円

仕事上の関係者・・・5千~1万円

香典返しのマナーについて

☆お返しのタイミング

最近では香典返しを葬式・告別式の式場で渡す「即日返し」も多いようですが、もとは忌明けに贈るものです。忌明けの時期は宗教によって異なります。

仏式では三十五日法要か四十九日法要後。

神式では五十日祭後です。

キリスト教では死後30日目の追悼ミサ(カトリック)、招天記念日(プロテスタント)になります。

☆お返しをしない場合

亡くしたのが一家の稼ぎ手である大黒柱だったり、地域のならわしだったりして香典返しをしないケースもあります。

その場合、香典を子どもの教育費にするなど、理由と使い道について一文加えた挨拶状を送ります。

香典返しを辞退した人にも、挨拶状は送ります。

☆お返しの相場

香典返しの品は、香典の半額程度にするのが基本です。これを「半返し」といいます。

香典の額には幅があるので、それに応じて3段階ぐらいの品を用意します。

ただし、即日返しも多い最近では、金額にかかわらず同じ金額の品を贈るケースも増えています。

☆代表的な品物

香典返しには、あとまで残らない消耗品を選ぶのが基本です。

お茶、紅茶、コーヒー、のり、砂糖、菓子、タオルセット、バスタオル、石鹸、洗剤、ハンカチ、タオルハンカチ、シーツ、毛布、タオルケットなど。

☆のしの書き方:仏式

水引:黒と白、双銀の結び切り

のし:なし

表書き/上書き:「志」「忌明志」など

表書き/名前:喪主の氏名、または姓のみ

☆のしの書き方:神式

水引:黒と白、双銀の結び切り

のし:なし

表書き/上書き:「志」「偲草」など

表書き/名前:喪主の氏名、または姓のみ

☆のしの書き方:キリスト教式

水引:(本来はないが)黄と白の結び切りが一般的

のし:なし

表書き/上書き:「記念品」「粗品」など

表書き/名前:喪主の氏名、または姓のみ

☆お返しに添える挨拶状

基本構成について

1.香典をもらったことへのお礼の言葉

2.故人の納骨や法要がすんだ報告

3.香典返しの品を贈ったこと

4.書中であいさつすることへのおわび

「お葬式に行くとき来てもらうときはこうします」より

「冠婚葬祭 マナーの便利帖」より

冠婚葬祭だるまの紹介

社長交代の贈り物