社長交代の贈り物

社長交代の贈り物に最適な就任祝いだるま

社長交代の贈り物:左側

社長交代の贈り物:正面

社長交代の贈り物:右側

胡蝶蘭以外の就任祝いのプレゼントにおすすめ

こちらの「就任祝いだるま」は、

「社長就任祝いのプレゼント」

「社長に就任される方の名前を入れた記念品」

「社長に就任される方への胡蝶蘭以外のお祝いギフト」

「お祝いのメッセージを寄せ書きし、プレゼントするための寄せ書きグッズ」

に最適な就任祝いグッズです。

「就任祝いだるま」のお腹には、「役職」「お祝いする方の名前」を名入れいたします。

また、就任祝いだるまは、「黒字になって欲しい」という意味を込めて、黒色で包み込みました。

さらに、顔の左右には、「事業がさらに発展してほしい」の意味が込められた「事業繁栄」の文字と、「社長などの役職に就くことをお祝いする」の意味が込められた「御就任祝」の文字が書いてあります。

「社長などの役職に就き仕事に励むことで、さらに事業が発展させてほしい」そんな当店からの思いが、この二つの言葉には込められています。

☆年末にご注文頂く際のお願いについて

こちらの商品を年末にご注文いただく場合は、「必ず11月末日までに」ご注文ください

12月1日以降にご注文いただいた場合、「1月の中旬以降のお渡し」になりますので、よろしくお願いいたします。

達磨の取り扱い通販サイトについて

こちらの「就任祝い達磨」は、高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイトにて、販売しております。
だるま通販サイト鈴屋の公式サイトへ

就任祝いのマナーについて

おすすめなプレゼントについて

男性:商品券、旅行券、祝い酒、ワイシャツ仕立て件、ネクタイ、高級筆記用具など

女性:商品券、旅行券、生花、アクセサリー、スカーフなど

☆タブーな贈り物について

冠婚葬祭の贈り物は、現金や品物です。贈り物は、人間関係をスムーズにする、日本の礼儀のひとつでもあります。最近では、そのマナーや慣習もゆるく、薄れつつあります。贈り物のタブーについても、あまり気にする人はいなくなってきています。

とはいえ、せっかくの贈り物でタブーは避けたいもの。知っていけば、相手に不快な思いをさせずに済む、最低限のものをご紹介いたします。

☆ハンカチ・・・ハンカチとは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くため、手切れを連想させるので、NGです。また、白いハンカチは別れを連想させるのでタブーとされています。

☆櫛・・・「苦」や「死」を連想させる「くし」は縁起が悪い贈り物です。

☆日本茶・・・弔事に使われることの多い日本茶は、お祝いの贈り物には不適切とされています。しかし、お茶好きな相手へ贈る際には、オシャレなデザインのものを選べば失礼にはあたりません。

☆印鑑・・・印鑑を贈るということは、責任を持てという意味が込められるため、両親や兄弟、上司以外が贈るのは避けた方がいいでしょう。

☆時計・かばん・・・時計やかばんは勤勉を意味するので、目上の人に贈るときには注意が必要です。親しい間柄なら問題ありません。

☆履物・マット類・・・相手を踏みつけるという意味合いから、目上の人に贈る時には注意が必要です。親しい間柄なら問題ありません。

胡蝶蘭などお花のマナーについて

就任祝いに最適なお花の形態は、就任式を行うかどうかにもよりますが、「お祝いスタンド花」「花束・ブーケ」「フラワーアレンジメント」のいずれかがおすすめ。

何を贈ればいいのか迷った場合は「胡蝶蘭」や「観葉植物」を贈るのが無難です。

就任祝いにお花を贈る場合、4千~2万円が金額の相場になります。

☆立て札の書き方

お祝いの文言:「祝御就任」「御就任御祝」など

贈り主の会社の名前:「○○株式会社」など

贈り主の役職と氏名:「代表取締役社長 ○○○○」など

以上の三点を、花屋さんに伝えてください。

☆贈るタイミングについて

就任のお祝いは、正式な辞令が出てから贈るのが基本。ただし、決定したらなるべく早めに贈りましょう。

金額の相場について

なお、目上の方に現金を贈るのは失礼になります。ご注意ください。

相手・・・金額の目安

取引先関係・・・3千~1万円

勤務先関係・・・3千~1万円

友人・知人・・・5千~2万円

兄弟・姉妹・・・1万~5万円

親類・・・2千~5千円

プレゼントに添えるメッセージの文例について

・ご就任おめでとうございます。健康に留意され、一層卓越した手腕を発揮されますよう、ご期待申しあげます。

・この度のご就任、心からお喜び申しあげますとともに、今後ますますのご健勝と貴社のご隆盛を祈念いたします。

・この度はご大任の栄誉を受けられ、おめでとうございます。 これまでの豊富なご経験を生かされ、ますますのご発展を心よりお祈りいたします。

・この度のご就任、誠におめでとうございます。この輝く栄誉を心よりお祝い申しあげます。ご健康にご留意のうえ、一層ご手腕を発揮されることを祈念いたします。

・この度のご就任、心よりお喜び申しあげます。これもひとえに、日ごろのあなた様のご精進の賜物と拝察いたします。今後一層のご活躍を期待しております。

・この度の●●へのご就任、誠におめでとうございます。健康に留意され、一層卓越した手腕を発揮されることをご期待申しあげますとともに、今後ますますのご活躍と貴社のご発展を心より祈念いたします。

・この度の●●へのご就任、誠におめでとうございます。これまで積んでこられたご努力の成果と、心よりお慶び申しあげます。今後ともご自愛のうえ、ますますお力を発揮されることをお祈りいたします。

・この度のご就任を祝し、弊社一同、心よりお慶び申しあげます。 日ごろより格別のお引き立てを賜っておりますこと、厚く御礼申しあげますとともに、●●様の今後ますますのご健勝と貴社のご隆盛をお祈りいたします。

・この度の●●へのご就任、心よりお祝い申しあげます。 ご健康にご留意の上、一層ご手腕を発揮されますとともに、 御社のますますのご発展と、ご活躍をお祈り申しあげます。

・●●へのご就任、誠におめでとうございます。これもひとえに日頃のご精進と実績の賜物と存じます。一層のご活躍とご健勝をお祈りいたしますとともに、今後ともご指導賜りますようお願い申しあげます。

「冠婚葬祭 暮しのマナー大百科」より

「NTT D-MAIL」より